第23話 新しい城の建設計画 〜3つの候補地〜

  • 2013.08.27 Tuesday
  • 08:02
※青森県弘前市長勝寺

 関ヶ原の戦いが終わり、4万7千石の大名として津軽に帰ってきた為信は、国づくりを計画するとともに新しい城を築く必要が出てきました。慶長8年(1603年)4万7千石の大名にふさわしい城と、城下町の建設が計画されました。新城の計画は、武田流の軍学者でもある軍師沼田面松斎によって立案され、津軽領内を調査した結果新城築城候補地として三カ所があげられました。 栗の木林の高地(現弘前市西茂森町長勝寺付近)関ヶ原の戦いが終わり、47千石の大名として津軽に帰ってきた為信は、国づくりを計画するとともに新しい城を築く必要が出てきました。慶長八年(一六〇三年)47千石の大名にふさわしい城と、城下町の建設が計画されました。新城の計画は、武田流の軍学者でもある軍師沼田面松斎によって立案され、津軽領内を調査した結果、新城築城候補地として三カ所があげられました。栗の木林の高地(現弘前市西茂森町長勝寺付近)、高岡二ツ石(現弘前城)、館岡近江沢(西郡木造町館岡)です。(「ふるさとの歴史」津軽書房p94,95pより)
  

現弘前市西重盛町長勝寺付近

 津軽統一を果たしたとはいえ、まだ戦国時代の動乱の時世であるため、下剋上などで家臣から襲われることを恐れた為信は自分の領地をしっかりと作ることに専念しました。この事を考慮し、三カ所を調査した結果、高岡二ツ石が一番適当ということになりました。早速徳川幕府に築城許可を願いましたが、許可はなかなかおりません。  

 ようやく許可がおりたのは6年後の慶長一四年(一六〇九年)の事ですが、為信は2年前の慶長12年に病死していました。そこで新城築城計画は2代信牧の手に引き継がれて行われる事となります。信牧は新城築城許可が下りた12月、家老・兼平綱則、小笠原伊勢、乳井美作、服部長門守たちと協議し、慶長15年(一六一〇年)1月、工事人夫の割り当てを領内に命じました。そして、翌年に高岡城が完成しました。後に地名が弘前に改名されると、城の名前も弘前城となるのです。(「新青森市史資料編2
青森県市史編集委員会
p544より)

 築城当時の天守閣は現在の天守閣の向かい角、西濠を見下ろす場所に建てられ、五層の壮大なものだったそうですが、寛永四年(一六二七年)、落雷で焼け、現在の天守閣は文化七年(一八一〇年)に作られたものです。
 
(金さん) 
参考文献 津軽書房刊「ふるさとの歴史」 陸奥新報社「津軽の夜明け」
コラム 津軽為信の家臣、沼田面松斎

第32話 津軽真言五山と求聞寺 〜津軽を守護する真言五山〜

  • 2013.08.26 Monday
  • 18:06
※青森県弘前市岩木山神社内

 寛永3年(1626年)、弘前藩2代藩主・津軽信枚は領内鎮護、仏教に対する領民の 意識を高めるため、藩内の真言宗寺院の格式の高さを表す「津軽真言五山」を定め ました。  (青森県史資料編近世1P288 青森県)
 津軽真言五山は、信枚の師である大僧正・天海と幕府からの預人・慶光院に相談 のうえ、最勝院を筆頭寺院とし、百澤寺、国上寺、橋雲寺、久渡寺の五つの寺院と しました。

 
最勝院は弘前八幡宮の別当寺であり、領内の寺社を統括する総禄(※1)に定め られ、さらには、領内1133神社の統括もしていました。(青森県の歴史散歩P28 山川出版、最勝院ホームページ)
 
現在ある場所には、かつて大円寺があり、本堂・五重塔・六角堂等はすべて大円 寺から引き継ぎ、正面の仁王門にある金剛力士像は百澤寺の山門にあったものと伝 えられています。          

 百澤寺は現在の岩木山神社の前身で岩木山三所大権現の別当寺でした。現在、百 澤寺は存在しませんが、その痕跡は他の寺社に残っており、岩木山神社には楼門を はじめ、本堂、本坊が残され、金剛力士像は最勝院に、五百羅漢の一部は長勝寺に 伝えられています。 (青森県の歴史散歩P54山川出版) 

 岩木山神社のすぐ近くに求聞寺があります。弘前藩2代藩主・津軽信枚は家中の平安、領内の安定を願い、真言密教の求聞持法 を習得するため虚空蔵菩薩を勧請して、百澤寺境内の森に穴を掘り、そこに籠って、 呪文を百万回唱えるという荒行を行いました。
 
そして、求聞持法を修得すると、10本の指から血を取り、瓶に入れ、その上に堂 宇を建立し、百澤寺求聞持堂と称したのが起源とされています。(青森県の歴史散歩P55〜P56山川出版、真言宗津軽仏教会弘法大師霊場ホームページ)

 ※岩木山神社内

 国上寺には「坐(ね)まり不動」)があります。この不動尊は突如として汗をかくといわれており、汗をかくと領内に不吉が起こ るとされ、その際には藩主が祈祷を命じたといいます。 (青森県の歴史散歩P52 山川出版、真言宗津軽仏教会弘法大師霊場ホームページ)
 弘前城の天守が落雷により焼失した際もこの不動尊が汗をかいたといいます。  

 橋雲寺には藩祖・津軽為信が関ヶ原の合戦に出陣した際に持ち帰った「勝軍地蔵」 が祀られています。この寺からの風景は「津軽十景」のひとつとされ、津軽平野を一望できます。(青森県の歴史散歩P92 山川出版、真言宗津軽仏教会弘法大師霊場ホームページ )  

 久渡寺には津軽で一番長い227段の石段があり、寺宝には丸山応挙作「幽霊の図」 があります。この「幽霊の図」は公開すると必ず雨が降るといわれ、雨乞いの霊験 が期待されてきました。  また、オシラ様信仰でも有名な寺で、毎年5月15・16日にはオシラ講の習俗が行 われており、特に16日には北関東・東北地方の各家から数百ものオシラ様を本堂に 持ち寄って、集合祭祀を盛大に行っています。
(青森県の歴史散歩P36〜P37 山川出版、真言宗津軽仏教会弘法大師霊場ホームページ) 

 このように、藩政時代において、藩主をはじめとする人々の神仏に対する信仰心 や恐怖心は、現代の我々の想像をはるかに超える深いものであったことをうかがい 知ることができます。
※1 領内の寺社を統括するための仕事をする寺院
出典:青森県史資料編近世1(青森県)、青森県の歴史散歩(山川出版)、弘前市ホームページ、最勝院ホームページ、真言宗津軽仏教会弘法大師霊場ホームページ

弘前城の惣構と宗教信仰

-haru-   


 

第34話 黒石神社 〜黒石神社の歴史〜

  • 2013.08.20 Tuesday
  • 13:02

※黒石神社


青森県黒石市にある黒石神社。


※黒石神社内


弘前藩の支藩である黒石藩の祖とされる津軽信英(のぶふさ)は、明暦2年(1656)年、弘前藩から5千石の分知を受け「黒石津軽家」を創立しました。また「黒石領」を成立させ、後年「黒石藩」の基礎を作りました。寛文2年(1662年)に信英(のぶふさ)が弘前城で死去すると、遺言により黒石陣屋の東南の隅に廟を建立して埋葬したのが始まりと伝えられています。


津軽信英(のぶふさ)は、弘前二代藩主・津軽信牧(のぶひら)の次男として正室満天姫の間に生まれました。津軽為信(ためのぶ)の孫に当たります。(黒石地方誌P57)


※黒石神社内


明治時代に入り黒石陣屋が廃城になると旧家臣達は藩祖の遺徳を偲び明治12年に神祭願いを県令に提出、社殿建立に至りました。その際、黒石陣屋の大手門近くにあった廟門を移築し江戸時代の建築物としては唯一の遺構となっています。黒石神社は郷社に列し更に明治15年には県社に昇格しています。  
現在の黒石神社宮司は津軽黒石家15代当主でもあります。  神社には社宝も多く、御神刀と呼ばれる「金梨子地牡丹紋散蒔絵衛府太刀拵」が青森県重宝に指定されている他、藩祖信英書状、御神刀太刀、などが黒石市指定文化財に指定されています。(黒石地方誌P521〜522)

出典 黒石市史 資料編2 p269(黒石市)
   黒石地方誌p57  p521~p522(黒石町役場)

(金さん)