南部編第36話 南部家ゆかりのもの

  • 2014.03.13 Thursday
  • 09:16
 南部氏は甲斐国の出身で、鎌倉時代は幕府の御家人として活躍し、南北朝時代に北東北へ拠点を移しました。一族には、三戸南部氏や根城南部氏(八戸氏)のほか、久慈氏・九戸氏・新田氏などがあり、協力と反発を繰り返しつつ、主導権争いをしていました。戦国時代には三戸南部氏の下に勢力を結集させ、生き残りを果たしました。南部氏ゆかりのものは青森県に多数残されています。
 青森県八戸市に復原された根城南部氏の城があります。それは根城跡といわれており、史跡名勝記念物に指定されています。城は本丸をはじめ中館、東善寺館、岡前館、沢里館など堀で区画された八つの郭となっており、本丸からは門、橋、馬屋といった多くの建物跡や生活用具が発見されました。発掘された陶磁器や武器武具等の産地として珠洲(すず)、常滑(とこなめ)、瀬戸・美膿、備前、信楽、唐津といった国産のものから、中国産のものがあることから当時の生活の様子を具体的に知る事ができます。当主が所有している馬を繋いでいたとされる「上馬屋」をはじめとして、来客の馬が繋がれていた「中馬屋」があります。古い巻物には馬屋がよく描かれており、力のある人達は板張りの馬屋を作っていた事や甲斐の国に所領がある事から馬の飼育に深く関わっていた事につながります。この発掘調査によって全国各地の出土品がある事から「南部氏は馬との関連で語られる事が多かったが、実は海の領主であった」などといった南部氏を再考する見解がされているそうです。(三戸 八戸の歴史 P78~79 株式会社郷土出版)現在根城跡付近には八戸市博物館があり、出土品をはじめとした根城のジオラマなどの展示があり根城南部氏のルーツを学ぶ事ができます。

史跡根城の広場

 
中馬屋

 一方、青森県三戸郡三戸町には盛岡南部氏ゆかりの物が残されています。それは三戸町立歴史民俗資料館にある南部藩主、家臣の武具、装束、古文書などの展示によって確認できます。
 

大名長上下は江戸時代の武家の礼服であり、南部家が寄贈したものだといわれています。
 
 黄金橋青銅擬宝珠は かつての黄金橋を飾っていた擬宝珠です。12代南部政行公が詠進した和歌が天皇の御心に叶い、恩賞として従四位下に叙された時に擬宝珠で飾った橋をかけたとされています。
 
 南部利直の4男として生まれた南部利康は、父利直が参勤交代で留守のときに政務をとり将来を期待されていたが24歳という若さで死去したという。 

 
三戸南部氏家臣 蛇沼氏の具足


戊辰役着用具足

青森県内には南部家ゆかりの史跡も数多く残されており、足跡をたどってみてはいかがでしょうか。

金さん
三戸町町立歴史民俗資料館 説明板

南部編第35話 斗南藩 〜会津藩、南部移住〜

  • 2014.03.10 Monday
  • 14:12

 


※斗南藩上陸の地

 明治元年(一八六八年)に起こった会津戦争は戊辰戦争の局面の一つであり、会津藩の処遇をめぐって、薩摩藩・長州藩を中心とする明治新政府軍と、会津藩およびこれを支援する奥羽越列藩同盟などの徳川旧幕府軍との間で行われた戦いです。会津藩は若松城に篭城して抵抗し、城外での遊撃戦を続けましたが、明治元年九月二十二日(十一月六日)、新政府軍に降伏します。
戊辰戦争で幕府側についた会津藩松平家は、所領を没収、会津藩は家名断絶となります。激しい篭城戦の末に武運なく敗れた会津の侍は全員、会津降人(降伏した人)として拘禁されました。主君・松平容保(まつだいらかたもり)と世子の善徳は場外の妙国寺に幽閉され、一般の兵士は謹慎所に移り、病人は青木村に退き、婦女子および六十歳以上、十四歳以下の男子は釈放されました。その後、容保父子および家族は東京に召喚されることになり、会津の地を離れました。


※むつ湾内

 会津藩が新政府軍に降伏し、若松城を明け渡すと、新政府軍は会津藩主・松平容保の代わりとして、戦争責任者の首を求めました。そこで会津藩の家老・萱野権兵衛が戦争責任を一身に背負って、切腹することになりました。萱野権兵衛は、「国家のために死ぬ事は覚悟しており、悲しむことでは無い。むしろ光栄である」と言い残して切腹したとされています。(「会津藩斗南へ」P13〜P16)
 降伏から一年後の一八六九年十二月五日、まだ生まれたばかりの松平容保の子・松平容大が家名を存続することで許され青森県東部に3万石を拝領し、斗南藩(となみはん)を立藩することになります。
斗南藩の立藩に伴い、各地で謹慎していた会津藩士は、謹慎が解かれ、希望と悲壮感を抱き新天地となる斗南藩への移住が始まりました。斗南に移住した旧会津藩士の家族たちは、藩士らより約半年遅れて会津から、はるばる陸路にて旅立ちました。その中には老人や婦女子らに混じって、多くの傷病者たちもいました。しかも、宿泊を拒絶する旅籠も多く、粥をすすり、霙(みぞれ)にうたれても着替えさえなく、新封地斗南を遥かに拝しながら、無念の涙をのみ死んでいった者も数多くいたそうです。
当初、五戸代官所を藩庁としていましたが、下北半島の田名部・円通寺に藩庁を移し、斗南藩となりました。斗南藩三万石と言われる石高も、領地の大半が不毛の未開拓地であり、実際は七千石しかなかったといわれています。
斗南定住の第一歩として、田名部郊外の妙見平に住宅の建設を始めました。ここを斗南ヶ丘と名付け、土塀を巡らせ区画割をしましたが、斗南での慣れない開拓事業は困難と悲惨をきわめたそうです。南部藩、七戸藩にも援助を求め、特に、「三本木開拓の父」と呼ばれていた南部藩士・新渡戸伝(にとべつとう)からは、開拓に必要な農具の援助や開拓技術の伝授など、全面的な支援を受けました。苦しくはありましたが、地域の人々からの善意も寄せられました。これに応えるため全力を尽くして開拓に取り組みました。


※斗南藩上陸の石碑

 ところが、懸命な努力にもかかわらず、斗南藩士に決定的な打撃を加える出来事が起こります。廃藩置県です。それは斗南藩の消滅を意味し、大転機を迎えたのでした。当時、現在の青森県に存在していた八戸、七戸、斗南、弘前、黒石の各藩はそれぞれ県と改められました。田名部の円通寺に掲げられていた斗南藩庁の看板は斗南県庁に書き改められました。「これまでの苦労は何だったのか」藩士たちの間から、怨嗟の声が上がりました。まだ幼い松平容大が五戸から田名部に移り、藩士たちを勇気づけようと下北半島を巡回しました。可愛らしい姿に藩士たちは感激しましたが、それはひとときの喜びでしかありませんでした。廃藩置県をどう説明するか、このままでは不測の事態が起こりうることを危惧した藩幹部達は、東京にいた前藩主の松平容保に下北入りを要請し、明治四年七月二十日、当時藩庁が置かれていた田名部の円通寺に入りました。容保はひっきりなしに訪れる家臣たちと挨拶をかわし、ここに約一ヶ月滞在します。容保は別れの日に容大の名義で、旧臣たちに別れの布告を残し、東京を目指し帰って行きました。
 


※徳玄寺

 その後、弘前、黒石、八戸、斗南、七戸の五県を合併して陸奥国内に一県を置く合県運動があり、明治四年(一八七一年)九月四日、斗南、七戸、八戸、黒石、館(北海道の旧松前藩)の五県は弘前県に併合され、弘前城に県庁を置きました。九月二十三日には弘前県庁は青森にあった旧弘前藩御仮屋に移され、青森県庁と改められました。こうして斗南藩は完全に消滅し、会津藩の再興を夢見て斗南藩の創設に当たった会津藩の関係者は、それぞれ新しい暮らしを求めて散っていきました。

                                                     (サト)
出典 「会津・斗南藩史」P40〜P61 P112〜P120 斎藤勝己



 

南部編第4話 奥州合戦と南部氏

  • 2014.02.26 Wednesday
  • 11:24


岩手県西磐井郡平泉町、国道4号線沿いに中尊寺があります。
中尊寺というのは山全体の総称であり、本寺である「中尊寺」と山内17ヶ院で構成されている一山寺院です。
中尊寺は嘉祥(かしょう)3年(850年)比叡山(ひえいざん)高僧慈覚大師円仁(こうそうじかくだいしえんにん)によって開山されたといわれています。

平安時代の後期、前九年の役で奥州が戦乱となり、秋田県の豪族、河内源氏と安倍氏が戦い、安倍氏が滅びました。
その後、後三年の役が勃発し、清原氏との戦いで藤原清衡が勝利し、奥6郡(岩手県中南部)奥州藤原氏の祖となります。
藤原清衡は江刺郡から平泉に居を移し、長治2年(1105年)に中尊寺を築きます。
その中で、現存する金色堂は三間四面の小堂ながら、平安時代の漆工芸、金属工芸、仏教彫刻の粋を凝縮したものであり、奥州藤原氏の葬堂として、日本史上に独特の位置を占めてきました。
その後、平泉は二代・藤原基衡(ふじわらのもとひら)が毛越寺、三代・藤原秀衡(ふじわらのひでひら)が無量光院を建立し、仏教文化がとても盛んになります。
また、中尊寺から約1キロ離れた所に、義経堂があり、そこには源義経が居候をしていました。
源義経は、平家討伐の功労者だったにも関わらず、その功績に報いるどころか、実の兄、源頼朝に追われる側となってしまい、逃げていたところを三代・藤原秀衡に匿われていました。
文治5年(1189年)源頼朝は、平家を討伐した弟・源義経に謀反人の罪で28万の軍勢を率いて、奥州に攻め入ってきました。
この時、源頼朝の家臣として従っていた南部氏の祖である、南部光行が登場するのです。
この時すでに源義経をかくまった張本人の3代・藤原秀衡はすでになくなっており、跡を継いだばかりの4代・藤原泰衡(ふじわらのやすひら)に対して、源義経を差し出すように圧力をかけました。
藤原泰衡は源頼朝の強い要求に屈し義経のいる館に攻め入り、源義経を自害においやりました。
しかし、藤原泰衡は源頼朝の命に従い源義経を討ったにもかかわらず、源頼朝は奥州攻めに踏み切りました。
藤原泰衡は源頼朝の軍勢から逃げながら、1通の手紙を送りました。
「義経をかくまったのは父、秀衡であって、私はその成り行きを知らない。私はあなたの命令に従って義経を討った。なのになぜ征伐されるのか。私に罪はない。」
しかし、源頼朝はこの手紙を無視し、藤原泰衡を追い続け、泰衡は逃げている最中に郎党に討たれました。その泰衡の首が金色堂に納められているのです。
南部光行はこの奥州合戦で平泉に進軍し、その途中で、敵将一人とその弟を斬り、泰衡軍を敗走させた手柄により、源頼朝から糠部5郡を賜ったと「南部史要」に書かれています。

ここに奥州藤原氏は滅び平泉の栄華は終わりました。
3代・藤原秀衡が亡くなってから、わずか2年の出来事です。
現在中尊寺にある金色堂を完成させたのは、4代・泰衡が討伐された後でした。
この金色堂を完成させ、修復し続けたのは、泰衡を討った源頼朝本人であり、後ろめたい気持ちがあったのかもしれません。





参考書籍 歴史発見2巻 中世の地域と宗教
(メガネ)

南部編第34話 廃藩置県で盛岡藩消滅

  • 2014.01.16 Thursday
  • 13:37


※桂城公園入口(大館城)

 秋田県大館市、大館市役所のすぐ近くに桂城公園があります。ここにはかつて大館城がありました。大館城の歴史は、天正10(1582)以前に出羽国の豪族、浅利勝頼(あさりかつより)により築城されたといわれています。戦国時代、浅利氏、南部氏、秋田安東氏、津軽氏の争いの場となります。この地を勝ち取ったのは秋田安東氏で豊臣政権下において、秋田安東氏の所領となりました。関ケ原の戦いの後、秋田安東氏は常陸国(現茨城県の大部分)に移封され、代わりに佐竹氏(源氏)が支配することになりました。
  慶応4年(1868)、戊辰戦争が開戦し、終戦までの約1年間の戦いの中で、大館城やその周辺で、盛岡藩と久保田藩(秋田藩)による激しい戦いがありました。 戊辰戦争当初、盛岡藩内は新政府方・反新政府方に意見が対立していましたが、最終的に家老・楢山佐渡が藩論を奥羽越列藩同盟への参加継続で一致させ、久保田藩に攻め込むことを決定しました。慶応4年(1868)8月9日(書面は8月8日)に戦書を久保田藩側に提出、盛岡藩は圧倒的な兵員と新式銃・大砲で攻め込み、大舘地区南部の十二所・扇田地区を占領し、大館城に迫ります。 対する大館城守備していた久保田藩は、大館城周辺に布陣を置き、戦に備えました。 同年、8月22日に一発の大砲とともに大館城攻防の戦闘が開始されました。盛岡藩の攻撃により、久保田藩は大館城まで撤退し、籠城しましたが最後は自らの手で城に火をつけ、撤退しました。大館を占領した盛岡兵は徹底的な焦土戦を繰り広げ、大館は火の海となり、町家29軒を残して町は消失しました。(戊辰戦争と秋田 P56〜64) 



※大館城復元図

 大館城を落城させ、久保田城を目指した盛岡藩だが、要衝のきみまち阪で西洋式の訓練を受けた佐賀藩兵らの到着により、状況は一変します。藩境まで押し返され、そこで膠着状態になり、次々に奥羽列藩同盟の同盟藩が離脱する状況に、ついに盛岡藩も降伏を選択しました。 


※扇田神明社

9月22日盛岡藩は降伏嘆願書を正使に持たせ久保田藩側に派遣し、25日に沢尻村で正式に盛岡藩の降伏が締結され、これでこの地区の戦闘は終結しました。
  降伏後、盛岡藩20万石は没収され、白石13万石(現、宮城県白石市付近)転封され、廃藩置県によって明治4年(1871)、盛岡藩は消滅しました。 戊辰戦争によって大勢の人が犠牲となり、町や村が戦火に巻き込まれました。 撤退の際に南部兵は、久保田藩の各地の集落を焼き討ちにしています。このため、これらの地区では盛岡藩に対する恨みが明治後期まで残っていたといわれています。 

 

※戊辰戦争で打ち込まれた銃弾

出典 戊辰戦争と秋田 P56〜64(無明社出版)
   南部町誌 下 P33〜42(南部町)   
                                                 (メガネ)                                                                                                            

南部編第33話 野辺地戦争

  • 2014.01.06 Monday
  • 10:27
 青森県野辺地町。県道243号線に面したところに、野辺地戦争戦死者の墓所があります。野辺地戦争は、鳥羽・伏見の戦いに始まり、箱館戦争に終わる戊辰戦争のうちのひとつです。
野辺地戦争戦死者の墓所入口
※野辺地戦争戦死者の墓所入口
 戊辰戦争は、幕藩制国家から天皇制国家に転換する際に起こった、日本を二分した新政府軍と旧幕府軍が対立した内乱のことです。慶応3年(1867年)、徳川幕府15代将軍徳川慶喜が大政奉還を行い、薩摩藩や長州藩の意向を強く受けた天皇制国家を一旦は受け入れましたが、その翌年、諸藩に出兵を命じ、蜂起します。それに対して会津藩は伏見、桑名藩は鳥羽に向かい戦を始めます。すなわち、戊辰戦争の幕開け、鳥羽・伏見の戦いです。この戦いは薩長軍の勝利に終わり、最終的には、江戸城無血開城、徳川慶喜の水戸謹慎という結果になります。
 これで、江戸の基盤を固めた新政府軍でしたが、東北には、それでも幕府制を支持する藩が多く存在しました。彼らは、奥羽越列藩同盟を組み、新政府軍に抵抗します。しかし、これも同盟側の盛岡藩の降伏、会津藩の降伏などにより、新政府軍の勝利となります。 最後は箱館の五稜郭で、最後の抵抗を見せますが、すでに雌雄は決していたようです。 これが、戊辰戦争の概要です。
野辺地戦争戦死者の墓所
※野辺地戦争戦死者の墓所の概観
 では、野辺地戦争は、この中のどこに存在したのでしょうか。野辺地戦争は、ほぼ新政府軍側の勝利が確定したころに、弘前藩が、八戸藩にしかけた戦争です。戦争といえば、大規模なものを想像してしまいすが、いわゆる局地戦です。
 なぜ、大勢が決まったあとに戦争を起こしたかは、詳細はわかっていないようです。ですが、一説には弘前藩の微妙な立場が要因であると言われています。弘前藩は、途中から同盟側から官軍側に立場を変えたのですが、同盟側からは裏切りとみられ、官軍からは、まだ同盟側と通じているのでは?と思われていたようです。そこで、官軍側としての戦績を残し、藩としての意志を示したいと考えていたようです。ところが、弘前藩はこの戦に敗れてしまい、官軍側唯一の敗戦となります。
 しかし、勝利した八戸藩も大勢は官軍にありとみて、すぐさま官軍の総督所へ、謝罪嘆願書を提出しようとします。それに対する総督所の返答は、「そのような書類は提出の必要なし」というものでした。
 八戸藩は同盟側ではあったものの、中立的立場で官軍への援助もあったためにおとがめなしとなったようですが、所詮は大勢が決まった後の局地戦ということで、大事として扱う必要なし、と判断されたのかもしれません。
 墓地に眠る野辺地戦争戦死者たちは、この戦争の顛末をどんな思いで見ていたのでしょうか。
野辺地戦争戦死者の墓碑
※野辺地戦争戦死者の墓碑
 
アラン・スミシー
参考文献
みちのく南部八百年 地の巻 p292(伊吉書院)
戊辰戦争論 (吉川弘文館)
コラム 野辺地戦争