南部編第10話 足利将軍と南部氏

  • 2013.12.11 Wednesday
  • 15:45
 


※南部師行像

 鎌倉幕府滅亡後、建武2年(1335年)と延元2年(1336年)の二度にわたり、根城を拠点とする南部師行の軍勢は、国府の将軍・北畠顕家の伴として、後醍醐天皇に敵対する足利尊氏の討伐に出陣しています。尊氏は建武新制を行った後醍醐天皇に背きます。新政府に不満を持つ者を集め、京都を占領しようとし、さらには自ら将軍になろうとします。しかし反逆者とされるのを避けるため、後深草天皇の曽孫・光明院を天皇としてたてたのが北朝の始まりです。一方、公家統一を願う御醍醐天皇は吉野(奈良)に朝廷を開き南朝政権をたてます。こうして、朝廷は京都と吉野に分かれ、公家も武士も二手に分かれて60年間近く争うこととなります。これが世にいう南北朝時代です。

 北畠顕家率いる奥州軍は、一度目の遠征では、新政府に背いた足利尊氏を、京都から九州へ追い払うことに成功しました。顕家はこの功績からわずか16歳で陸奥鎮守府大将軍に任じられています。しかし、九州で力をたくわえた足利勢は、大軍で京都に攻め入ります。そこで南朝方は再び奥州軍へ出動を命じます。延元2年(1336年)の夏、南部師行は、糠部の精鋭2千余りを引き連れ、顕家と共に足利軍を迎え撃つために出陣します。京都を目指して進む道の途中には、至る所に足利軍に心を寄せる敵がいました。前の敵を倒せば、さらに新しい敵が現れ、一度敗れた敵が後ろから追撃してくるという状態でした。そして一年近くも各地で戦を繰り広げた結果、大阪の堺浦の南、石津川のほとりで、部下108人と共に、壮絶な最後を遂げました。   


※南北朝時代の戦のルート

  最後の最後まで総大将の顕家と行動し、忠誠を尽くした八戸根城の城主・南部師行。師行は奥州を出発する前に遺言を残しています。「この度の上洛は厳しく、おそらく自分は討死するだろう、しかし自分が戦場の露と消えても、悲しまず、節操を曲げずに忠節を貫徹したことを喜んで欲しい。そして、自分達南部一族が奥州に多くの土地を得られたのは顕家と帝の恩恵があったからこそで、今後どんなことがあっても敵の足利軍に寝返ってはならない。」師行の子孫はその遺言を守り、政長、信政、信光、政光と5代に渡り、南朝方への忠誠を守り続けたのです。 (歴史と伝説 南部物語 p57 伊吉書院)
  
 大阪の天王寺駅近くの阿倍野地区には、顕家を祀る阿倍野神社があり、その拝殿の側には、師行をはじめとする戦死した忠魂を祀る功の宮があります。また、堺市の石津には、川沿いの小さな森の中に「源顕家、南部師行」と二人の名前が刻まれた、石の五輪塔が建てられています。二人の戦死した場所に建てられた供養塔です。一方、八戸の根城本丸跡では、毎年、慰霊祭が行われています。これは甲斐国からこの地に赴き城を築きあげ、その後大阪で戦死した根城の城主・南部師行を偲び、お祀りするものです。

出典 八戸市史 通史編P104〜110(八戸市)
   根城築城六百五十年記念誌 八戸根城と南部家文書P142〜173(八戸市)
   物語 南部の歴史 中世編P154〜175(伊吉書院)                                
  
芳賀