第9話 大浦為信、大浦城主になる

  • 2013.08.19 Monday
  • 10:23
  
※青森県和徳町和徳神社内

 大浦氏は、南部氏の一族であり、大浦為信の父は大浦氏4代目城主・為則の弟でした。為則は病弱で、体も不自由であったため、守信が代わりに政務を取り仕切っていました。

 しかし、守信は南部家の家督を巡った内乱に巻き込まれて戦死してしまい、為信は伯父である為則に引き取られます。その後、為則は病状が悪化したため、後継ぎを決める必要がありました。為則は、三家老を枕元に呼び寄せ、後継ぎを幼い二人の息子たちではなく、為信にすることを告げたといいます。為信の父・守信を討死させた申し訳なさと、為信が良き武将になると見込んでいたからだといわれています。
※青森県弘前市立津軽中学校

 そして、永禄11年(1568年)、為信は為則の次女・阿保良姫と結婚し、養子となって、5代城主となります。城主となった為信は、大浦家の兵数とその錬度、忠誠度を知るために、キジ狩と称し、軍事訓練を行います。その際、自領の野崎村を三方から攻め、焼き払ったといいます。家臣には内緒で、住人はあらかじめ避難させており、その後、村も元通り立て直したそうです。この時すでに、為信は南部氏から独立し、津軽を自らの手で統一することを視野に入れていたのかもしれません。(つがるの夜明けP166〜167陸奥新報社)
 
 大浦城が文献資料に登場するのは文亀2年。大浦光信が花輪郡賀田郷の地に築城、大浦ノ城と名付けました。大浦城は標高約四十二メートル、城の規模は東西五百メートル×南北二百五十メートルほど。六つの曲輪(くるわ)から構成されています。中央北側を本丸とし、本丸を曲輪で囲い、そこから更に曲輪を囲うようにして作られています。この城の構造は弘前城にも通じるものがあり、城の曲輪の形状がよく似ています。為信が当時の最新築城技術を大浦城に導入していたことがわかります。近年までは城の全体の形が明瞭に残っていましたが、今では学校の改設や道路建設、宅地化により多くの遺構が失われています。現在大浦城の姿はすでに見ることはできませんが、為信が津軽統一するための第一歩とし、そして大浦城の築城技術が弘前城に活かされていったのです。
※津軽中学校校庭が2の郭、3の郭

 大浦城跡地には、弘前市立津軽中学校が建てられています。中学校の裏手からは、広大な岩木山と、田園風景を望むことができます。現在でも、土塁の跡からなど、城のあった面影をかんじることができます。
 
出典 つがるの夜明けP164〜166(陸奥新報社)
   図説 弘前・黒石・中南津軽の歴史 P88〜89(株式会社郷土出版社)
(芳賀)

コラム 為信の妻 阿保良姫(おうらひめ)