コラム第24話 現在の浅瀬石

  • 2013.06.26 Wednesday
  • 10:30
 現在の青森県黒石市浅瀬石には、浅瀬石ダムがあります。大雨が降ったときにダムに一度水を溜める治水、河川流量を確保するための利水容量、弘前市、黒石市、五所川原市、平川市、青森市、藤崎町、板柳町、鶴田町、田舎館村といった市町村への上水道の供給、さらには水力圧電といった地域住民の暮らしを守り豊にする事を目的としています。  浅瀬石ダムの近くには「津軽こけし館」があります。こけしは東北地方のみに存在し地域によって形態や模様が異なる点が特徴です。ここでは津軽系こけしを扱っており伝統と歴史を学ぶ事ができます。

 浅瀬石隆盛時代といわれた7代目城主・千徳政久のとき、近江景(江戸時代初期、滋賀県にある琵琶湖周辺の代表的な名勝8カ所を選んだもの。屏風絵や版画の題材として流行した)になぞられて選んだ「浅瀬石八景」というものがあります。時代の変化によって周囲の情景も大きく変容しましたが、現在は公募によって選定された新しい浅瀬石八景となっています。

・浅瀬石八景
1、門前寺の糸柳
2、高屋敷の山ざくら
3、獅子が倉の岩つつじ
4、つるヶ沢の松あらし
5、舟渡りの秋の月
6、かくれ沢の暮れの雪
7、ちぶが沢の三滝
8、浅瀬石川の清流


以上のように浅瀬石には歴史を学ぶ名所や人々の生活を支える施設が存在しています。
 
(金さん)
参考
浅瀬石ダム公式ホームページ
津軽こけし館公式ホームページ