第24話 津軽為信、浅瀬石城攻め 〜津軽氏としての為信〜

  • 2013.08.27 Tuesday
  • 09:02
http://rekisi-kaido.owl-aomori.com/?eid=64※青森県黒石市浅瀬石城址
 為信の津軽攻略は飯詰高楯城の攻略をもってほぼ完成されました。豊臣秀吉から領主としての保証を取り付けるために、朱印状をもらうことが次の狙いでした。
 ※浅瀬石城説明版

 この時から、為信は大浦姓を棄てて、津軽の姓を名乗るようになり、公に津軽領主となりました。しかし、浅瀬石城主代城主である千徳政氏(せんとく まさうじ)の待遇に関する事で新たな問題がおきました。  
※浅瀬石城頂上から撮影

 浅瀬石城は南部氏の津軽支配の拠点として機能していたといわれています。永禄四年(一五六一年)、政氏は、為信と同盟を結びました。為信とは「津軽征服のあかつきには、それぞれ、領土を山分けする」と約束していたのですが、結果的に千徳氏は一家臣として配下に置かれてしまいました。(「津軽の夜明け」陸奥新報234pより)
それに不満をもった政氏は、反旗を翻し為信と浅瀬石城入り口である五輪沢で戦うこととなります。攻防戦が展開され、浅瀬石軍が敗れて浅瀬石城は落城しました。(「新青森市史 資料編2」青森市史編集委員会p532より)
 
 その浅瀬石城跡があるのは青森県黒石市、黒石インターチェンジから数分の場所にあります。近くには浅瀬石ダムがあり、地域の農業用水や上水、発電を支えています。浅瀬石はりんご園が広がっている地域となっています。りんご園の向かいにはかつての館神(たてがみ)が祀られており、現在でもこの地域を見守っているのかもしれません。
(金さん) 

参考文献:津軽書房刊「ふるさとの歴史」
現在の浅瀬石