第4話 津軽の雄、安藤氏  〜波紋〜

  • 2013.08.18 Sunday
  • 09:56
水面に落ちた枯葉が大きな波紋を作るように…
蟻の穴から堤が崩れるように…
※青森県深浦町にある関の杉看板


蝦夷の反乱によって落とされた安藤五郎の首は、歴史の水面に波紋を広げていく。 波紋は、東北有数の武家だった安藤氏を揺り動かし、ついには、全国を統一していた鎌倉幕府崩壊へと繋がっていきます。鎌倉幕府と安藤氏の関係は、その東北統治時まで遡ります。青森においては、制圧された領土は、全て北条得宗領となり、ひとつを除いて得宗北条氏の被官たちが青森県域の各地に入部することになりました。  唯一、土着の豪族から地頭代官に任命されたのが、蝦夷と密接な関係があると言われる津軽安藤氏です。安東氏は、日本の中世に陸奥国津軽地方から出羽国秋田郡の一帯を支配した武家でであるといわれています。その安藤氏の血を引く、蝦夷管領安藤五郎が反乱によって討たれたようです。その後に起こったのが、熾烈な総領争いでした。蝦夷代官、安藤季長とその従兄弟、安藤季久の内乱です。この内乱は、幕府を巻き込むことになったのち、得宗家公文所の裁定にかけられることになったのです。幕府側が両者から賄賂を受け取っていたため、事態は紛糾してしまいます。
※甕杉と呼ばれる樹


結果として、安藤季久を蝦夷代官職にする裁定を下すのですが、安藤季長はこれに納得せず、内乱はおさまりませんでした。この事態に及んで、いよいよ、安藤季長の内紛は鎌倉幕府への反乱を意味するものとなりました。幕府は数度、追討軍の派遣を行うも、戦乱を抑えることができず、ついに和談をもって解決としました。しかし、「武力で制圧できなかった」この事実が幕府の求心力を低下させました。ここから、幕府は滅亡への道を辿ることになります。安藤五郎が起こした波紋は、次第に勢いを増し、ついには幕府の存亡を揺るがす波となったのです。
出典:
青森県史 資料編 中世 p89(青森県)
新青森市史 資料編2 古代・中世 p341(青森市)
安東氏‐下国家四百年ものがたりp18・p38(無明舎出版)
アラン・スミシー

コラム 樹齢千年の甕杉

560