コラム第7話 法名

  • 2013.06.07 Friday
  • 10:46

「法名」(ほうみょう)とは、故人に対して贈られる名前と誤解されることも多いが、正しくは生きている間に三宝に帰依し、仏弟子として生きていくことを誓い授かる名である。三宝に帰依するとは、神や仏を信じてその力にすがることです。法名は二字。歴代宗主・裏方の院号・法名と同一のもの、「如」の字を用いた物は許可にならないとされます。その為、光信も2文字の「長勝」となっています。
現代は法名、戒名は文字数の制限は特にないそうです。
今の世の中では法名を授かるには有料で、結構高額な金額がかかります。しかしこの料金にもはっきりとした金額は決まっておらず、相場になっているそうです。
私たちが知っている有名人にも法名、戒名を持っている人がいます。
石原裕次郎 (いしはらゆうじろう)
陽光院天真寛裕大居士
いかりや長介 いかりやちょうすけ)
瑞雲院法道日長居士

まだまだ他にもたくさんの例がありますので、調べてみると面白いですよ。

参考HP 有名人の法名
                      
      

                                     

(メガネ)