はじめに

  • 2014.03.31 Monday
  • 16:57
 青森県には、三内丸山遺跡をはじめとする多くの古代遺跡、安藤氏の拠点として栄えた中世港湾都市「十三湊」など、本州最北の地として、特色のある様々な歴史・文化が存在します。地域的にも津軽地方と南部地方では、藩政時代から違う藩の領地だった経緯もあり、独自の歴史と文化を築いてきた特徴があります。

 当ブログは、藩政時代、津軽地方・南部地方をそれぞれ支配した「津軽氏」と「南部氏」の歴史を中心に「青森歴史街道探訪」YOUTUBE動画制作のため調査・取材したものを紹介しています。

「津軽編」では、南部氏から津軽地方を実力で切り取り、戦国の世の生き残りを果たし弘前藩初代藩主となった津軽為信が活躍した時代を中心に、為信登場以前から津軽統一への軌跡、弘前城築城までの時代を、南部編では、青森県全域を含む北奥羽地方で広大な領地を支配していた南部氏の登場以前から明治の廃藩置県までの時代を、独自の内容で構成しました。

 青森県の歴史に多くの足跡を残した「津軽氏」と「南部氏」。
青森県の歴史に興味のある方はもちろん、全く歴史に興味のなかった方にもぜひご覧いただきたいと思っております。また、 YOUTUBE動画などの各コンテンツと合わせて、青森県の新たな観光ガイドとしてもご活用ください。

株式会社サンブラッソatv「青森歴史街道探訪」コンテンツ制作事業 スタッフ一同


 
株式会社サンブラッソatv「青森歴史街道探訪」コンテンツ制作事業
◆事業内容
当事業は、青森県の街道にある史跡やそれに関わる歴史的・文化的背景等を調査・取材し、制作された動画コンテンツ等を通し、青森県の新たな観光資源として情報発信することを目的としています。緊急雇用創出対策事業の重点分野雇用創出事業として青森県より委託を受け、平成25年6月から平成26年3月31日まで実施したものです。

◆事業成果
当ブログは「青森歴史街道探訪」コンテンツ制作事業の一部門であり、事業成果の一部として情報発信されるものです。