コラム第36話 重要文化財、弘前城北門/亀甲門

  • 2013.06.30 Sunday
  • 23:55
重要文化財 弘前城 北門/亀甲門

弘前城内の建物の中で、現存する城門は、追手門、内南門、内東門、外東門、北門(亀甲門)の五つで、五門とも同じ「櫓門」すなわち、石垣と石垣の間に渡櫓(わたりやぐら)を渡して、その下に門を設ける形式です。ただ弘前城の場合、石垣でなく土塁を使用しているため、純粋な櫓門といえない形です。
その五門の中で一番古い建物は北門であると考えられています。北門は亀甲門(かめのこもん)ともいい、弘前城にある五棟の城門の中でも特に規模が大きく、形状も異なり最古の形式を呈する城門です。
亀甲門は、津軽為信が攻め落とした大光寺城(現在の平川市)の城門を慶長16年、2代藩主・信牧が築城にあたり弘前城追手門として移築再建したもので、弘前城内で唯一実践を経験した貴重な城門です。柱などから多数の矢傷跡が発見されており、棟の両端にある鯱も他の門より古い形式のものである点、矢狭間、鉄砲狭間のない点など、見るべきところが多い門です。
(サト)
出典:弘前城築城四百年
弘前市史 藩政編