南部編コラム15話 法光寺

  • 2013.07.16 Tuesday
  • 11:47
 法光寺は、今から1130余年前の平安時代に開かれた古寺です。その縁起によると、開祖は北条時頼とされ、次のような伝説が残っています

  「鎌倉幕府執権:北条時頼がひそかに奥州行脚の旅の折に名久井岳に登られ、夕陽をあびて無量山観音寺と称する寺に一夜の宿を求めましたが山主は応じてくれなく、やむなく山に登って一草庵を訪ねて宿を求めたところ、庵主は大いに喜んで迎え、時頼は厚いもてなしを受け一夜を過ごしました。
 庵主のもてなしに深く感謝した時頼は、翌朝目が覚め、あたりを見ましたが庵主が見当たりませんでした。時頼公は携えてきた扇面に、『壱千石名久井通り右永代可令知行也、最明寺時頼(花押)名久井山主指城和尚殿』とかき、『水結ぶ名久井が岳を臨むれば海よりいでて山に入る月』の一首を残して惜しげに庵を立ちます。山を下る途中で庵主に逢いました。庵主が言うには、『恥ずかしながら今朝飯糧がなかったのでお客人の目の覚めぬうちに托鉢に出てこのように喜捨をうけて帰ったので再び庵に戻られるように』とねんごろを勧めました。時頼はこのことに深く感激して鎌倉に帰りました。
 時頼が鎌倉に帰るとすぐ宮野玄蕃、坂垣監物の両人を普譜奉行として大工左官鍛冶木挽に至るまで派遣して、観音寺は命令を持って廃止してその跡に七堂伽藍を建立して白華山法光寺と号して開山に指城和尚を請して時頼自ら開山となり、曹洞宗の道場を開設されたもの」

 現在、時頼と庵主の逢われた処が「出逢坂」、またこの庵を「夢相軒」と称して、今なお「古寺」としてその面影が残っています。参道の両脇の松は千本松と称し、植樹する際「般若心経」を唱えながら植えたと伝えられています。これらは日本名松百選に選定され、青森県指定天然記念物に指定されています。
 境内に建立された三重塔は承陽塔と称し、昭和24年に建てられたものです。高さ尺106(約33m)、幅26尺4寸(約8m)、大きさにおいて日本一とされ曹洞宗の東北屈指の名高い寺院です。内部には曹洞宗開祖:承陽大師の御霊骨と日本最古の仏舎利(ぶっしゃり)をが安置されています。【※仏舎利(ぶっしゃり)とは、入滅した釈迦が荼毘に付された際の遺骨及び棺、荼毘祭壇の灰塵を指す。】
 時頼は宿泊を断られた観音寺を取り壊させたうえに、その和尚の桂竺(けいじく)を生きたまま穴を掘って逆さ埋めにしたといわれています。その地に御坊塚が建てられています。近くの案内板には「鎌倉時代北条時頼公が民情視察のため東北地方を回られた時、礼を失したるため、観音寺住職桂竺法印が逆さに生き埋めにされた所」とのみ記されています。

出典:白華山法光寺来歴記
                                                     (サト)