南部編コラム36話 八戸三社大祭

  • 2013.07.31 Wednesday
  • 23:57
 八戸三社大祭は毎年7月31日〜8月4日まで行わる、八戸地方最大のお祭りといわれており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。今から約290年前に天候の悪い日が続き、冷害が心配されたことがきっかけです。町の有力者達が藩の氏神である法霊社(現在のおがみ神社)に祈祷を託したところ、天気が回復し作柄もよくなったそうです。これに感謝し、享保六年(1711年)に法霊社の神輿が八戸城下を巡り長者山虚空蔵堂まで渡ったのが八戸三社大祭の起源だといわれています。
7月31日は前夜祭で山車の展示やお囃子実演が行われます。8月1日は「お通り」と呼ばれる、おがみ神社・新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列と山車の合同運行が催されます。市庁舎前から出発し新羅神社の近くまで歩きます。8月3日は「お還り」よばれており、今度は新羅神社近くから出発され、表通りに出て八日町で解散となるそうです。この運行コースは江戸時代の「法霊御神事行列」が原形となっており、町の発展と共に変化されました。祭りの見所としては歌舞伎、民話、伝説などを題材として毎年27台もの華やかな山車が作られている点であり、近年では展開・せり上がり・起き上がりといった「機械からくり仕掛け」を備えたものが主流となっているそうです。

 八戸三社大祭は子供たちの元気いっぱいのかけ声が独自の情緒を醸しだすこの豪華絢爛な山車まつりとして、毎年多くの観光客で賑わっているのです。

金さん

出典
八戸市観光課「八戸三社大祭」ホームページ
「三戸・八戸の歴史」郷土出版社