南部編第36話 南部家ゆかりのもの

  • 2014.03.13 Thursday
  • 09:16
 南部氏は甲斐国の出身で、鎌倉時代は幕府の御家人として活躍し、南北朝時代に北東北へ拠点を移しました。一族には、三戸南部氏や根城南部氏(八戸氏)のほか、久慈氏・九戸氏・新田氏などがあり、協力と反発を繰り返しつつ、主導権争いをしていました。戦国時代には三戸南部氏の下に勢力を結集させ、生き残りを果たしました。南部氏ゆかりのものは青森県に多数残されています。
 青森県八戸市に復原された根城南部氏の城があります。それは根城跡といわれており、史跡名勝記念物に指定されています。城は本丸をはじめ中館、東善寺館、岡前館、沢里館など堀で区画された八つの郭となっており、本丸からは門、橋、馬屋といった多くの建物跡や生活用具が発見されました。発掘された陶磁器や武器武具等の産地として珠洲(すず)、常滑(とこなめ)、瀬戸・美膿、備前、信楽、唐津といった国産のものから、中国産のものがあることから当時の生活の様子を具体的に知る事ができます。当主が所有している馬を繋いでいたとされる「上馬屋」をはじめとして、来客の馬が繋がれていた「中馬屋」があります。古い巻物には馬屋がよく描かれており、力のある人達は板張りの馬屋を作っていた事や甲斐の国に所領がある事から馬の飼育に深く関わっていた事につながります。この発掘調査によって全国各地の出土品がある事から「南部氏は馬との関連で語られる事が多かったが、実は海の領主であった」などといった南部氏を再考する見解がされているそうです。(三戸 八戸の歴史 P78~79 株式会社郷土出版)現在根城跡付近には八戸市博物館があり、出土品をはじめとした根城のジオラマなどの展示があり根城南部氏のルーツを学ぶ事ができます。

史跡根城の広場

 
中馬屋

 一方、青森県三戸郡三戸町には盛岡南部氏ゆかりの物が残されています。それは三戸町立歴史民俗資料館にある南部藩主、家臣の武具、装束、古文書などの展示によって確認できます。
 

大名長上下は江戸時代の武家の礼服であり、南部家が寄贈したものだといわれています。
 
 黄金橋青銅擬宝珠は かつての黄金橋を飾っていた擬宝珠です。12代南部政行公が詠進した和歌が天皇の御心に叶い、恩賞として従四位下に叙された時に擬宝珠で飾った橋をかけたとされています。
 
 南部利直の4男として生まれた南部利康は、父利直が参勤交代で留守のときに政務をとり将来を期待されていたが24歳という若さで死去したという。 

 
三戸南部氏家臣 蛇沼氏の具足


戊辰役着用具足

青森県内には南部家ゆかりの史跡も数多く残されており、足跡をたどってみてはいかがでしょうか。

金さん
三戸町町立歴史民俗資料館 説明板