南部編第14話 蛎崎蔵人の乱 〜根城南部軍、下北半島を縦断し、奇襲攻撃により蛎崎軍を殲滅〜

  • 2013.12.14 Saturday
  • 14:03
 根城南部氏6代・信政は後醍醐天皇の孫で後村上天皇の甥・良尹(ながただ)を下北地方田名部の領主として迎えました。
良尹は信政が修築した順法寺城を居城とし、信政の妹を妻に迎えました。
 人々は天皇の血を引く良尹の一族を尊敬の念を込めて「北部王家」と呼びました。(みちのく南部八百年天の巻P188伊吉書院)

 


※順法寺城跡(旧城ヶ沢小学校)

 田名部の地は馬産地として知られており、さらには金や銀の産出地でもありました。
北部王家4代当主・義邦は、鉱山の開発をさらに進め、他国との交易を行い、着々と北部王家の財力を蓄え、根城南部家の後ろ盾もあり、その勢力を定着させてました。
 文安5年(1448年)、北部王家5代・義純は重臣の蛎崎蔵人の謀略により、子供達と共に暗殺されてしまいました。(八戸市史通史編P128八戸市)
 暗殺により蔵人は北部王家の実権を握ることになりました。
 


順歩寺城跡(神明宮)

 この蔵人による謀反の報せは北部王家とゆかりの深い根城南部氏にももたらされていましたが、根城南部氏13代当主・政経は幕府に、ことの詳細を報告し、後花園天皇から蛎崎蔵人追討の勅許を得てから討つことにしました。
 その間、蔵人は北部王家の財力をつぎ込み、むつ市川内町蛎崎にある居城を強固な構に大改築し、名前も蛎崎城から錦帯城へと改名しましました。また、松前のアイヌ・樺太・満州などからの、援軍・雇い兵、合わせて4万もの兵力を集めていたといいます。(みちのく南部八百年天の巻P202〜P205伊吉書院)
 
康正2年(1456年)8月になると、藩境付近で根城南部軍と蛎崎軍の間で小競り合いが始まり、根城南部家は天皇からの勅許が出るまで消極的な攻撃しかできなかったため、徐々に押されていき、蛎崎軍は横浜・野辺地・七戸まで手中にしてしまいました。
 同年12月になり、ようやく勅許が出たため根城南部軍は反撃を開始し、七戸城の奪還に成功しましたが、大雪という条件に有利であったアイヌ兵の活躍や火牛作戦(※1)・毒矢による攻撃などにより苦戦が続きました。
(みちのく南部八百年天の巻P205〜P208伊吉書院)

 このため、根城南部軍は海上から錦帯城を奇襲することにしました。
 八戸から尻屋崎、大間崎を経由して波多の湊(現 大畑港)を目指し出港しました。大間崎を回ればもう波多の港も近いと思われた頃に、急に海は大荒れとなり、大嵐に巻き込まれてしまいました。
 根城南部軍が蛎崎城を目指して出向していたことを知り、迎え撃つ準備をしていた蛎崎軍でしたが、この大嵐のため根城南部軍の船は遭難したものと思い込み祝宴を開いていました。
 根城南部軍は奇跡的に一艘の船も失うことなく、波多湊を通り過ぎた奥戸(おこっぺ)の湊にたどり着きました。
この湊から下北半島を縦断し蛎崎城に向かい、夜中、油断していた蛎崎軍を攻撃しました。このため、なす術もなく錦帯城は落城、蔵人は蝦夷へ逃げてしまいました。
(みちのく南部八百年天の巻P209〜P221伊吉書院)


※錦帯城跡

 蛎崎蔵人の乱を平定した根城南部氏は、幕府や朝廷からの許しを得てからの戦であったため、恩賞として北部王家の所領・田名部3千石と錦帯城等に蓄えられていた金・銀や銭、食料、合わせて59万両にも及ぶ金品が与えられました。恩賞として得た金品は根城南部領の領民、そして新しく領地となった田名部の領民たちの救済として活用され根城南部氏当主・南部政経の領主しての威令は一段と高まることとなったのです。
(みちのく南部八百年天の巻P222〜P226伊吉書院)

※1 火牛作戦:火薬の入った筒を牛の角に結びつけ、これを先頭にしての攻撃

出典:八戸市史通史編(八戸市)、みちのく南部八百年天の巻(伊吉書院)


 
   -haru-