南部編コラム26話 愛宕山(あたござん)に流れる水

  • 2013.07.26 Friday
  • 10:53
 野辺地の愛宕山は、湊街を見下ろす丘になっており明治14年(1881年)、高橋亭山の指導により町を一望できる高台に造られた公園です。公園の登り口には真夏もかれない清らかな水が流れており、これは明治9年(1876)に天皇巡航中、飲み水に提供したことから「御膳水」と呼ばれているそうです。また、明治天皇東北巡幸の際にこの地で倒れたご料馬「花鳥号」の銅像が噴水付近に設置されています。
 桜の野生種の一つ、エドヒガン(江戸彼岸)が町指定天然記念物とされている通り、この地は桜の景勝地としても有名です。愛宕公園にあるエドヒガンは樹齢300年と推定されていて、樹高は約18m、幹の太さは約5.5mと非常に大きな桜です。この種は長寿の木として知られ、本州、四国、九州、韓国南部など広く分布していますが、東北地方北部には数が少なく、当地のエドヒガンが北限だといわれているそうです。この他にも松尾芭蕉の「花さかり山は日ころの朝ほらけ」の句碑や、石川啄木の「潮かをる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇よ今年も咲けるや」の歌碑といった文学に関係するものをはじめ、愛宕公園は観光スポットとして人々の憩いの場となっています。
 また、盛岡南部藩の一端を担っていた野辺地代官所。その跡地があった場所は現在、野辺地町「城内」という地名になっており、中央公民館や図書館、歴史民族資料館、商工会館、農業協同組合といった野辺地町を支える施設が集合しています。
                                                      
金さん

参考文献:
あおもりかいどう会議「青森街道図」
野辺地町史 通説編 第1巻